Menu

031

人が一生を生きていく中で、絶対に必要な物がお金だと言っても過言ではありません。子供のうちは親を筆頭とする大人が面倒を見てくれますが、それでさえも、ある程度の年齢になれば自分でアルバイトをする子もいるでしょう。

親が与えてくれるお小遣いに満足できなければ、学生のうちでも自分で働いて稼がなくてはなりません。

いずれは学生でなくなり、お金を稼ぐために一日中働くことになるのですから、その予行演習としてアルバイトを経験しておくのは、金銭感覚を若いうちから養うにはよいことです。

社会人となって、毎月、月給という決まったお金を手に入れるようになったとしても、お金の使い方によっては不足することもあります。

収入と支出の割合を考えて使うようにしないと、お金というのはあっという間になくなってしまいます。たいていの人は、常に意識してお金を使っていますが、計画的に使っていても、時にはお金が足りないということも起こってきます。

毎月この程度の出費があるということは把握してお金を使っているものの、想定外の出費が重なるということが、人生ではまれに起こってくるからです。

貯金があればいいですが、そうでなければお金借りるという方法で、乗り切らなければならなくなってきます。

人生でお金借りるという事態に見舞われることはないに越したことはないものの、時には借りなければしのげないというときもあるかもしれないと思っておいた方が、もしものときに冷静に対応できると思われます。

最終手段には絶対手を出さないという不文律

かつては、お金借りる方法としての最終手段は、サラ金と呼ばれる金融会社から借りることでした。

ただし、ここから借りたが最後、こわもての男の人たちが家や会社にお金の返済に押しかけてきて、さんざん怖い思いをした挙句、お金を返しきれなくて姿をくらますことになるというのが、多くの人たちの持っているイメージでした。

そして、実際のところ、借りたお金を返せない人の中には、かなりの割合でどこかへ行ってしまう人がでました。

これはすべて、高すぎる金利のためで、借りたお金が倍はおろか、何倍にも膨れ上がってしまうことが当たり前でしたので、最終手段であっても、サラ金には手を出すなというのが、守らなくてはならない不文律でもありました。

そのため、まずは家族や親せき、友人にお金に困っていることを告げ、何とか借りられないかとお金の工面を相談するというのが、最初に思いつく方法でした。

これなら、貸してもらうにあたって、もしかしたら利息は付けずに融通してもらえるかもしれませんし、仮に払うにしても、法外な利率ということはないだろうと考えます。

事実、家族や親せきからお金に困っているから助けてほしいと言われたとしたら、返済にあたってどのくらい利息を払ってくれるのかとは、貸す方も言い出しにくいでしょう。

そのため、情に訴えてお金を工面する方法が成功するかどうかが、結局のところ、危険な最終手段を回避できるか否かにかかってくると言えました。

誰も貸してくれる人がおらず、それでもお金は何としても工面しなければならないという人が、最終手段として選べば苦労するとわかっていながらサラ金からお金を借り、そして当初からわかっていた通り、苦労することになったわけです。

最終手段は二通りの意味で変わったのか

サラ金で借りたお金が返済できないとして命を絶つ人がでて初めて、政府は法外な金利設定でお金を貸す業者を取り締まることにしました。

その結果、今では借りる前に、借りたらいくら返済利息が発生するかを、業者側が明確に示すようになりましたし、むしろ借りる側に、計画的な利用を促すまでになったほどです。

また、お金を貸す業者に付きまとう暗いイメージを変えるため、明朗会計ではありませんが、これまでわかりにくかったところに透明性を持たせるよう、さまざまな改善が施されました。

さらに、利用しやすいようにカードを発行し、ATMで借りては返すということができるようになりました。

これによって、毎月一定額を返済しながら、お金ができた時にはスポット返済も簡単になり、より早く借りたお金を返すことができるようになったわけです。これが、二通りのうちの一つ、貸す側に生まれた変化です。

もう一つは借りる側に生まれた意識の変化で、これまではお金に困ったら家族や親せき、友人などにすがるという方法がまず浮かびました。

けれど、お金の貸し借りはかなりの信頼関係にある間柄であっても、微妙な感情の揺らぎを引き起こします。

助けてあげなければと思ってもらえればいいですが、お金を貸してほしいと言われたことをマイナスにとらえられると、それまでに築き上げてきたよい関係に、一瞬にしてヒビが入ります

そのため、今では人に頼むのではなく、貸金業者を冷静に見極めた上でお金借りる人が増えています。

問題を解決し、速やかに返済するやり方を選択し、借金の申し出によって人間関係をダメにしないやり方を選ぶ人が増えています。

それができるのも、貸金業者に改革を促す政府の取り組みがあったからにほかならず、最終手段に対するハードルが下がったことは評価していいと思われます。

審査不要でお金借りることは可能なのか?

158

給料日前にどうしても欲しいものがある、または友人の結婚式などで御祝い金を包まなければならないことなど、様々な事情でお金を用意しなければならないというときがあります。

でも手元にお金がなく困ってしまうという経験をしたことがある人はたくさんいます。その時にカードローンを使ってお金を借りることを考える人は多いでしょう。

しかしカードローンを利用するには審査があります。これに通らなければ利用することはできません。しかしそうはいっても審査を受けることに対して抵抗があるという人は少なくないです。

そこで審査不要でお金借りることはできるのでしょうか。そのような方法はあるのか気になります。

消費者金融や銀行は審査不要でお金借りる事はできる?

まずお金を借りるところとして思い浮かべるのが消費者金融や銀行でしょう。よくインターネットやテレビでも広告宣伝を行っており抜群の知名度があります。特に大手になると安定した基盤があり、安心してお金を借りることができます。

そして審査に関しては消費者金融と銀行ともに、程度の差はありますが行っています。最初に、消費者金融の審査の仕方ですが借りる金額によって異なります。

基本的には30万円以下の貸付金だったら免許証や保険証の身分証明書のコピーを提出し、電話で勤めている会社の在籍確認が取れたら審査完了でお金を借りることが可能です。

審査自体はかなり簡単で即日でお金を借りることができるところもあります。

そして貸付金が高額になる場合は身分証明書の提出や在籍確認に加えて、自分が働いている会社の給与明細や所得を証明する書類を提出することによって審査を行います。そこで通ればお金を借りることができるのです。

また在籍を確認する時には電話で行うことが多いですが、どうしても会社に電話されるのが嫌な人も多いです。電話されたことによって会社の人に消費者金融からお金を借りていることがバレてしまうかもしれません。

そのような人は会社に勤めていることが証明できる書類のコピーを提出することで電話での在籍確認をせずに済むところもあります。ですから会社の人に一切バレることなくお金を借りることができるので安心です。

また審査の申し込みからお金のやり取りまで、webで完結しているところが多いため家に郵便物が送られてくる心配がありません。そのため世帯を持っている人は家族にも知られることなくお金を借りれるのでとても便利です。

このようにとても利点が多い消費者金融ですが、上にも述べたように審査を受けることは避けられません。審査自体は簡単なものですが受ける必要があるのです。

次に銀行ですがこちらは消費者金融より審査が厳しいです。提出されたプロフィールなどの書類から収入や職業などに関して色々な審査を時間をかけて行っています。

そのため消費者金融のように即日でお金を借りるということはほぼ不可能となっています。特にパートやアルバイトで生計を立てている人は審査が通りにくいので気をつけた方がいいです。

しかし一度審査に通れば低金利でお金を借りることが可能なので金銭的な負担が少なくて済みます。さらにATMの手数料が無料のところがほとんどなので余計なお金を使わなくていいという点もかなり魅力的です。

そしてお金の借り入れの限度額が800万円から1200万円というところがいくつかあるため、多額のお金を借りたい人には最適だと言えるでしょう。

このように利点がたくさんありますが借り入れの際に審査不要というわけにはいきません。必ず審査を受ける必要があります。

以上のことから消費者金融ならびに銀行は審査なしでお金を借りることはできません。それぞれ行われる審査を突破しなければならないのです。

お金借りるのに闇金はどうなのか?

186

もしどうしてもお金を審査なしで借りたいと考えている人がいたら闇金というものがあります。このような業者による審査不要を売りにした広告をインターネットや街頭などでよく見かけます。

ここは審査らしいことはほとんどせず誰にでもお金を貸している業者です。しかし闇金を利用することは絶対にやめましょう。ここを利用したら自分の身を滅ぼしかねません。なぜならここは違法な業者だからです。

具体的に言うと闇金というのは正規の貸金業としての登録を行っていない業者のため異常な高金利でお金を貸し付けたり、違法な取り立てなどを行ったりしています。

例えば5万円を貸して10日間で1万円の利息を支払わせたり、夜間や朝方などに執拗な取り立てを実施したりしています。時にはそれが原因でトラブルになり揉め事が起きてしまうこともあるのです。

ですからこのようなことに巻き込まれないためにも闇金に手を出すのは絶対にダメです。これまで述べたように基本的には審査不要でお金を借りるのは不可能です。

一部の業者などは審査なしで借りれるところもありますがそれは危ないので辞めた方がいいです。借りた後に後悔しないためにもしっかりと下調べをすることが大切です。